心を開いて関係改善に取り組む事の驚愕の効果

素直になることが大切なのかもしれません

生存のために働く気持ちが欠如

without comments

しかし最終的には、関係する時間の長さゆえに、傷つきは社会病質者との関係で(仮に生き延びたとしたら)味わう短い冒険によるものより、大きいかもしれないです。彼は、ふだん酒は飲まないし、薬物乱用もしないが、生存のために面倒を見てくれる人(妻、家族、友人)を必要とする点では、アルコール依存症と同じだ。アルコール依存症の人と同様、たいてい庇護者を見つけているのです。仕事につかない人でも、仕事をすることができ、若ければしばらくの間は仕事を続けられるようだ。しかし、数年以上というのは無理だ。ほとんどの場合、クビになるか、自分から辞めてしまう。四十歳代になるまでには、再び仕事につくことはなく、世話をしてくれる他人に依存するようだ。仕事につかない人は生存の欲求がとても低く、社会病質者よりもかなり低いと思う。そして、社会病質者と同様、力の欲求はとても高いと思う。しかし生存のために働く気持ちが欠如しているので、彼らが力の欲求を満たすことはごく稀である。生存の欲求が低いので、自分のために何かをする気持ちがない。ましてや他人のために何かをすることはないのです。給料を払ってくれる雇用者のために何かをするということもないのです。

Written by australiadaychallenge

11月 1st, 2013 at 2:24 pm

Posted in 欠如

Leave a Reply