心を開いて関係改善に取り組む事の驚愕の効果

素直になることが大切なのかもしれません

Archive for 10月, 2013

ゆっくりと事が展開していく

without comments

例えば、知り合ってまもなく、クレジットカードを忘れてしまったので貸してほしいと言ったら、二度と彼と会ってはいけないです。カードは必ず取り戻しなければならない。返してもらえないなら、すぐにそのカードを無効にしなければならない。彼はあなたのカードでどんちゃん騒ぎをすることを考えているでしょうから。仕事につかない人は、私たちが出会う人々の中でも最も不思議な人です。人つき合いはうまく、最初はつき合いやすい。しかし、そんな男と親密な関係になったり、結婚したりすれば、しだいにフラストレーションを覚えるようになる。仕事につかない人のなかには女性もいるかもしれないが、女性はあまり目立たない。 Read the rest of this entry »

Written by australiadaychallenge

10月 30th, 2013 at 2:53 pm

Posted in 展開

ゲームにルールがない

without comments

そしてどんな武器を使ってでもあなたを捕えようとする。彼のゲームにはルールがない。このような男性は生まれつき人を愛することも、帰属意識を覚えることもできない。彼は魅力的でセクシーかもしれないが、それはただ利用するだけで、決して思いやりから出るものではない。欲しいものを全部女性から得た後は、もし、女性が彼を放そうとしなければ、自由の欲求のゆえに逃げてしまうであろう。女性がしつこくつきまとえば暴力をふるい、彼女が自分に何もかも捧げ尽くし、ぶたれること以外は何も要求しないようになることを願う。欲しいものがないのかと言って、彼女を殴るかもしれない。しかも殴った後で、「おまえは知っていなければいけなかったのだ」と言う。ひょっとして自分が社会病質者とつき合っているかもしれないと気になるなら、彼の友人に目を向けてみるとよいでしょう。 Read the rest of this entry »

Written by australiadaychallenge

10月 29th, 2013 at 11:10 am

Posted in 性格

不道徳な略奪者

without comments

社会病質者の楽しみの欲求は、誰でも食い物にする方法をしっかり学習することを楽しむことであろう。また、あなたがどれほど有能であっても、彼はあなたを蔑むことを楽しむ。彼が有能と思う人は、唯一自分だけであるのですから。はじめは、社会病質者は面白い人に見えるかもしれない。活発で、魅力があり、万事がうまくいくように見える。しかし、生存の欲求が低い彼らは、最後までやり遂げることがない。社会病質者に関わる人の人生は、悲惨かもしれないが、退団はしない。社会病質者は人をだますのがうまい。自分自身がどんな人よりも立派だと思っているからである。彼は、面白い人で、親切に見えるかもしれない。彼の欠点に気づけば、彼は明るくそれを認め、あなたの観察力を褒めるかもしれない。 Read the rest of this entry »

Written by australiadaychallenge

10月 28th, 2013 at 11:33 am

Posted in 性格

誰とも絶対にうまくいかない性格

without comments

誰とも絶対にうまくいかない性格がある。自分の欲求および力の欲求が強すぎる場合です。どちらの性絡であれ、そのような人と結婚すれば、みじめな結果となります。その性格には良いものは全くない。つき合っている人がどちらかの性絡の持ち主であるとの疑いがあれば、できるだけ走って逃げることです。結婚相手がどちらかの性格のどちらであるかに気づいたなら、今がどれほど悪くても、さらに悪くなることを保証できるくらいです。脱出することを考えたほうが絶対によいです。男女を問わず、この種の性格の人との関係で、今感じるほうが後で感じるより、まだましだ。言うまでもなく、あなたには分かっている。社会病質者の唯一の関心は、力と自由の欲求を満たすことで、他人の欲求充足を考慮することなどないのです。そして社会病質者のほとんどは男性であるのです。 Read the rest of this entry »

Written by australiadaychallenge

10月 27th, 2013 at 9:47 am

Posted in 性格

「私の愛で相手は変わる」という妄想

without comments

最初の欲求測定のときに、セックスをあまりにも大きな要素とは考えないことです。しかしながら、セックスが良くなかった場合や、良いセックスを求める思いが強くなければ、その状態は時間とともに改善されるとは思えないことだ。関係の初期におけるセックスは、お互いの欠点が分かる前でしっかりサークルの中に人っている間は、ほぼこれから得られるものと同じように良いものである。良い関係では、回数は減ったとしても、満足度に変わりはない。最初良かったセックスが後に悪くなれば、下降しているのはセックスではなく、二人の関係であります。二人の関係が自分の望むほどに良くなく、欲求の測定が岡難か、不正確で、あるいは努力する気がないと思うなら、自分を知る大切な機会を無駄にしていることになります。 Read the rest of this entry »

Written by australiadaychallenge

10月 26th, 2013 at 3:31 pm

Posted in 妄想

二人の欲求の強弱

without comments

「心を開く」事が苦手、というか、どう頑張ってもうまくできないという人は若い人を中心に多いですよね。そしてそういう人ほど近しい人間関係に何らかの問題を抱えているものです。日々のストレスを減らすためにもそういった問題はすぐにでも解決したいものです。心を開いて取り組めば、きっとうまくいくはずです。自分の感情を記憶すること。欲求が満たされたときには、気分がどんなに良くなるかを覚えておくことです。気分が良くなればなるほど、その欲求は強いと言える。弱い欲求を満たすには大した努力はいらない。気分の良かった全行動を基に推測すれば、自分の欲求の強弱がかなり正確に分かるのです。真剣なものに発展しそうな交際が始まるとき、相手のイメージ写真があなたの美しい理想世界にあまりにも強力なインパクトを与えて、相手を正確に見ることができなくなることがあります。そうなる前に、二人の欲求の強弱を考えるほうがいいでしょう。既に相手が自分の理想世界に入り込んでしまっていても、何もしないよりは考えたほうがいいです。 Read the rest of this entry »

Written by australiadaychallenge

10月 25th, 2013 at 8:17 pm

Posted in 欲求の強弱