心を開いて関係改善に取り組む事の驚愕の効果

素直になることが大切なのかもしれません

Archive for the ‘女性という存在’ Category

性的興奮

without comments

クリトリスは男性の陰茎と同じように海綿体でできていて性的刺激を受けると膨張するのです。その後ろ側にはバルトリン腺と呼ばれるものがあります。エンドウ豆くらいの大きさのようで、性的興奮によって小陰唇の内側に粘液を分泌し膣を滑らかにするのですね。性的な刺激を受けたり、性的に興奮したりすると、臆内壁の粘膜から粘液が分泌されるのですが、「愛液」と呼ばれるものの大部分がこの膣分泌液なんですね。膣というのは奥の3分の2は子宮と同じ内性器、手前3分の1は外性器としてできているようですね。よく締まりがいいとか悪いとか言いますが、それは下3分の1の外性器部分が肛門括約筋を使って収縮させることができるからです。上3分の2の内性器の部分は自分で収縮させることはできないと言われています。女性器の中でも最も感じやすい部分はクリトリスと膣口だとはよく言われる事です。ここは血管と神経がかなり集中していて、非常に敏感になっているのですね。クリトリスを刺激されたときの感じ方としてよく言われるのが、ゾクゾクッとする快感が段々と大きくなっていく、それが体の中から湧き起こってくる、といった感じのようですね。

Written by australiadaychallenge

9月 11th, 2014 at 8:46 am

理解する力

without comments

一を聞いて十を知るという言葉があります。これは、機転が利く賢い人物を評して使う時の言葉ですよね。しかし何もそれがいい事ばかりではなく、その傾向が強すぎるタイプがいるというもの事実です。一般的に聞き上手なタイプの女性に多く、秘書の仕事やサービス業など、機転が利くことでビジネス上ではプラスになるかもしれませんが、度が過ぎると敬遠されることもあるんですよね。たとえば、おせっかいな人や、妄想が激しい人というのがそれに当たるのではないでしょうか。一つのことを聞いただけで、ああでもない、こうでもない、と頭の中で、ありもしないことを膨らませて、相手の状況を勝手に判断してしまうのです。そうした言動が男性に比べて女性に多く見られる理由は、脳の中の言語中枢に起因しているらしいですよ。 Read the rest of this entry »

Written by australiadaychallenge

4月 10th, 2014 at 3:53 pm