心を開いて関係改善に取り組む事の驚愕の効果

素直になることが大切なのかもしれません

Archive for the ‘欠如’ Category

出会い初期の刺激や感動の薄れ

without comments

超能力者ではないのですから、人の心のなかまでは、実際のところわかりませんよね。だからこそ、言葉での確認がどのような関係においても必要になってくるのですよね。相手の話を聞いたり、気持ちを受け止めるだけでは、自分の気持ちがスッキリしないときもあると思います。問題なのは、言い合いになってこじれてしまうことですから、そうならないよう、上手に自分の気持ちや意見を吐き出したいところ。特にこのごろ、母と娘の関係がぎくしゃくする、もう一緒に生活できない、というような話をよく聞きます。母と娘は変に近い存在なので、どうしても「以心伝心」を期待してしまう部分があるということなんでしょう。もちろん心が通じ合って、気持ちが理解できるときもあるのですが、いつもそうだとは限りませんよね。ちなみに男性は、以心伝心が苦手な人が多いようです。デート中、女性が突然不機嫌になって困った経験は、ほとんどの男性がしています。「一体どうしたの?」と聞いても「別に!」「なんでもないけど」と言われるだけで、理由を教えてもらえないことが多く、さらに困ってしまいます。そんなとき、察しの悪い彼に怒りを募らせるより、「これに腹が立った」「あれが気に入らなかった」など、はっきり言ったほうがコミュニケーションは円滑に進み、すぐに関係は改善します。出会い初期の刺激や感動がなくなった頃、このような不機嫌な機会は増していくんですよね。その出会い初期の刺激や感動の薄れは、ちゃんとした言葉によって埋め合わせていくことでしか、良い関係を維持していくことはできませんよね。

Written by australiadaychallenge

11月 22nd, 2013 at 5:04 pm

Posted in 欠如

この世の現実に触れていない

without comments

そのような人は結婚のような親密な人間関係において当たり前に求められることにも無責任なんです。そんな男性との結婚は、いつまでたっても大人にならない子供と結婚しているようなものです。愛と友情を示すと大喜びし、感謝する。この感謝の気持ちが、彼にも少し応える能力があると思わせるように、あなたと彼の両親をまどわすことになるが、彼にはそんな能力はない。彼には与えるものは何もない。しかしながら、子供っぽい趣味で、彼には高い楽しみの欲求がある。学校が好きだと思われる傾向があり、留年組と呼ばれる人たちのかなりの割合を占めている。たいていは卒業できない。卒業近くまで行って、単位を落とすのが普通である。彼らは、卒業すること、そして学んだことを使って仕事につかなければならないことを恐れている。 Read the rest of this entry »

Written by australiadaychallenge

11月 4th, 2013 at 9:30 am

Posted in 欠如

自分以外の人に興味がない

without comments

そのような人は力の欲求が高いので自信過剰であり、頼まれたことは何でもこなせるという非現実的な考えを持っている場合が多い。しかし、彼の欲求の強弱で大切な点は、力の欲求は高いが、それを達成する気力(生存の欲求)に欠けるという、これら二つの欲求の関係にある。彼は、大きなことを話し、夢を諮るが、やることは小さい。仕事につかない人は、自由の欲求は平均的か、やや平均を上回る。彼はたくさん動き回るが、自由を得るためというよりも、ただ何かをしているだけに過ぎないと思う。動きまわって、知らない人と会い、自分の話をするのが好きだ。これが彼らの特徴である。彼の話は、自分、あるいは自分の知っている人について、一方的に話をする。あなたの言うことに興味はない。自分以外の人には全く興味がない。 Read the rest of this entry »

Written by australiadaychallenge

11月 2nd, 2013 at 9:00 pm

Posted in 欠如

生存のために働く気持ちが欠如

without comments

しかし最終的には、関係する時間の長さゆえに、傷つきは社会病質者との関係で(仮に生き延びたとしたら)味わう短い冒険によるものより、大きいかもしれないです。彼は、ふだん酒は飲まないし、薬物乱用もしないが、生存のために面倒を見てくれる人(妻、家族、友人)を必要とする点では、アルコール依存症と同じだ。アルコール依存症の人と同様、たいてい庇護者を見つけているのです。仕事につかない人でも、仕事をすることができ、若ければしばらくの間は仕事を続けられるようだ。しかし、数年以上というのは無理だ。ほとんどの場合、クビになるか、自分から辞めてしまう。四十歳代になるまでには、再び仕事につくことはなく、世話をしてくれる他人に依存するようだ。 Read the rest of this entry »

Written by australiadaychallenge

11月 1st, 2013 at 2:24 pm

Posted in 欠如